メニュー

契約と契約書は別物?契約書の書き損じで契約が無効になる?両者の違いを解説

written-agreement
ユキマサくん

どうしよう。契約書の内容を書き間違えちゃった。契約自体も無効になっちゃうのかニャ?

純さん

安心してください。契約と契約書は別物ですから『契約』そのものは無効にはなりませんよ。
今回は『契約』と『契約書』の違いについて解説します。

『契約』と『約束』の違いについてはコチラの記事をご覧ください。

目次

契約とは

契約とは

契約とは、契約の当事者の合意のもとで、当事者双方の債権と債務を確定させる『行為』のこと。

債権とは「特定の人に、ある行為をさせる権利」

債務とは「特定の人に、ある行為を行わなければならない義務」のことです。

お店で商品を購入するあなたは、「商品を引き渡せ」と言える『債権』をもち、反対にお店はあなたに「代金を支払え」と言える『債権』をもちます。

反対に、あなたはお店に代金を支払う『債務』がありますし、お店もあなたに商品を引き渡す『債務』をもちます。

「債権と債務」の詳しい解説についてはコチラの記事をご覧ください。

このように契約とは、当事者同士の権利や義務を確定させる『行為』そのものを指します

契約書とは

契約書とは

契約書とは、当事者同士で確定した債権と債務を記録した『文書』のこと。

『契約』は行為そのものを、『契約書』とは文書を指します。これが両者の決定的な違いです。

文書であれば契約書としての法的効力が発生しますので、文書のタイトルが「合意書」であったり「確認書」であったとしても、当事者同士の債権・債務が確認でき、当事者が合意してることが確認できる書面であれば契約書として扱われます。

そして契約書はなにも「白紙のA4用紙にパソコンで作成しなければならない」といった明確なルールはありません。ファミレスのテーブルに置いてある紙ナプキンに書いたものであっても、当事者の合意のもとで作成され、かつ署名されたものであれば立派な契約書となります。

また「覚書は契約書ではない」と勘違いされる方もいますが、覚書も契約書と同様に取り扱います。実際のシーンでは、契約書ほどのボリュームはないが、当事者が合意した内容を簡潔に文書に記しておく場合などに利用されることが多いです。契約書の簡易版のようなもの。

覚書も契約書の一種である、とこの機会に覚えておきましょう。

契約書と覚書の違いについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

契約書の内容にミスがあっても契約自体は有効

以上『契約』と『契約書』両者の違いを踏まえて、契約書の内容にミス、不備、記載漏れ等があった場合は、契約そのものが無効になるのでしょうか?

いいえ、無効にはなりません。何度も申しますが『契約』は当事者双方の債権と債務を確定させる『行為』を指し、『契約書』は当事者同士で確定した債権と債務を記録した『文書』そのものを指しますので、両者は切り離して考えましょう。

また『無効』とは、最初から全く効力を発生しないことです。これは法律でも定義づけられています。

仮に、AさんがトヨタのヤリスをBさんに100万円で売却する、とする売買契約を結んだとします。

Aさんの所有するヤリスのグレードは『G』、しかしAさんは誤って、Gよりもグレードの高い『Z』を契約書に記載してしまったとしても契約自体は無効にはなりません。

Bさんは「契約書には『Z』と書いてあるだろ。『Z』グレードのヤリスじゃないなら契約は無効だ」とは反論できません。

確かにAさんはグレードの記載を誤りました。この場合は、契約書としての効力は弱くなりますが、だからと言って契約そのものが無効になることはないのです。※ただし特定の法律により書式が定められている場合は除く。

まとめ

  • 契約とは、契約の当事者の合意のもとで、当事者双方の債権と債務を確定させる『行為』のこと
  • 契約書とは、当事者同士で確定した債権と債務を記録した『文書』のこと
  • 契約書の記載を誤っても契約自体は無効にはならない

今回は契約と契約書の違いについて解説しました。

契約書の記載を誤っても契約自体は無効にはなりませんが、契約書の効力は弱くなります。つまり後々のトラブル・クレームに発展する可能性がありますので、契約書を作成する時は十分注意しましょう。

契約書の作成はお任せください

弊所では、請負契約・業務委託契約書に関する様々なご相談にのっております。

  • 業務委託契約書を作りたいが何から手を付けたらいいのか分からない
  • 自社の仕組みに合わせて業務委託契約書を作成してほしい
  • 自社に有利なように業務委託契約書を作成してほしい
  • 相手方から業務委託契約書を提示されたが、署名する前にチェックしてほしい(リーガルチェック)
  • 自分で業務委託契約書を作成してみたが、法令違反がないかチェックしてほしい(リーガルチェック)

この様なことでお悩みのフリーランスの方や、フリーランスに仕事を外注する事業者様は、弊所までお気軽にお問い合わせください。

LINEで簡単!全国どこからでも対応致します。

対応可能な契約書類

商取引に関する契約書

・動産売買契約書

・土地売買契約書

・土地建物売買契約書

・継続的売買契約書

・フランチャイズ契約書

・特約店契約書

・OEM契約書

・代理店契約書

・秘密保持契約書(NDA)

賃借に関する契約書

・建物使用貸借契約書

・建物賃貸借契約書

・定期建物賃貸借契約書

・定期借地権設定契約書

・事業用定期建物賃貸借契約書

・駐車場賃借権契約書

賃金と担保に関する契約書

・債権譲渡契約書

・金銭消費貸借契約書

・抵当権設定契約書

・代物弁済契約書

・準消費貸借契約書

・集合道産譲渡担保契約書

・質権設定契約書

請負・業務委託契約書

・業務委任契約書

・建設工事請負契約書

・不動産管理委託契約書

・保守契約書

・コンサルタント契約書

・システム開発契約書

・営業委託契約書

労働に関する契約書

・雇用契約書

・労働者派遣基本契約書

・入社・退社誓約書

・身元保証契約書

・出向契約書

家族・近隣に関する契約書

・贈与契約書

・死因贈与契約書

・境界確定契約書

・遺産分割協議書

・夫婦財産契約書

・任意後見契約公正証書

・通行地役権設定契約書

サービスの提供が可能な地域:全国

北海道, 札幌,青森, 岩手, 秋田, 宮城, 山形,福島, 東京(東京都23区,千代田区,中央区,港区,世田谷区,大田区,目黒区,品川区,渋谷区,杉並区,中野区,練馬区,新宿区,江東区,墨田区,葛飾区,江戸川区,台東区,文京区,荒川区,足立区,北区,豊島区,板橋区), 神奈川, 横浜,埼玉県, 千葉, 茨城, 群馬, 栃木, 愛知, 名古屋,静岡, 三重, 岐阜, 新潟, 長野, 山梨, 石川, 富山, 福井, 大阪, 京都, 奈良, 兵庫, ,神戸,滋賀, 和歌山, 岡山, 広島, 鳥取, 山口, 島根, 愛媛, 徳島, 高知, 香川, 福岡, 佐賀, 長崎, 大分, 熊本, 宮崎, 鹿児島, 沖縄

written-agreement

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

気に入ったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
目次