メニュー

【契約書コラム】『契約』って何のこと?『約束』との違いは?

agreement-promiss
ユキマサくん

普段から『契約』って言葉を使っているけど『約束』と何が違うの?

純さん

『契約』とは、お互いの義務と権利を定めたものですよ。少し分かりにくいですよね?今回は『契約』と『約束』の違いについて解説します。

契約と契約書の違いについてはコチラの記事をご覧ください。

目次

社会生活は全て『契約』で成立している

私たち社会人は、普段「今日も沢山の契約をしながら1日を終えたなぁ」なんて思いながら生活をしている人はいないと思います。

しかし厳密に言えば、日常生活は『契約』なくして成立しません。

例えば、朝の出勤途中にコンビニへ立ち寄り、お茶とおにぎりを購入します。

この購入する行為は、法律行為でいう「売買契約」に当たります。バスに乗って出勤する方はバス会社と「請負契約」を締結。雇われ人であれば、会社と「雇用契約」を締結しているので、就業規則に則り就業義務を果たす債務を負うと同時に、会社に給料を請求できる債権を行使できます。

取引先から発注書が届いたので、納品の準備を終えて商品を運送会社に取りに来てもらいます。運送会社とは、商品をお客様の会社に確実に届けてもらうべく「請負契約」を締結。

この様に私たちの社会生活は『契約』を基に成立しているのです。

契約は『民法』を基に成立する

『契約』は民法という法律が基になっています。

民法は、私たち人間の「権利」や「義務」の関係性をまとめた基本的な法律のこと。なんとこの民法、初めて作られたのは今から遡ること約120年前。明治29年(1896年)のことなんです。

民法はこの120年間の歴史の中で、多様化する社会環境に対応すべく、様々な契約類型が作り出されてきました。それが現在では13種類にジャンル分けされています。

契約とは当事者間の『権利と義務』

契約とは、2人以上の当事者が物事の取り決めを定め、その取り決めを守る行為。

社会生活においては、物やサービスをお金と交換するときの、お互いの『権利と義務』を定めること。

権利や義務が、当初取り決めた通りに実行されない場合は、当事者同士で話し合い解決の糸口を見つけます。話し合いが上手く進まなければ裁判所で争うことになります。

このように、お互いの権利・義務を当事者間で民法に則り取り決めたものが『契約』なのです。

「契約」と「約束」の違い

それでは「契約」と「約束」の違いはどこにあるのでしょうか。

決定的な違いは「法律上の責任が生じるか否か」

例えば、あなたが付き合いの長いユキマサ商事の担当者ユキマサ君(仮名)とランチを食べに行く『約束』をします。

待ち合わせは「大分駅に12時に集合」。

しかしユキマサ君は、待ち合わせ時間を30分もオーバーして登場。

ユキマサくん

ごめんよ。道路が渋滞してて遅れちゃった。

ユキマサ君が遅刻したことに対して「損害賠償請求だ!」と腹を立てる気持ちが分かりますが、ユキマサ君とは「約束」を交わしたにすぎないので、この「約束」を破ってもユキマサ君には法律上の責任は生じません。ユキマサ君はあなたにランチを奢って、今回の遅刻を水に流そうとするかもしれませんが、それも問題ありません。。

これが「約束」。

しかし「契約」は水に流せません。

例えば、あなたがユキマサ商事からパソコン100台を購入する「契約」を結んでいた場合は、ユキマサ商事には法律上の責任が発生します。担当者であるユキマサ君が、仕様書通りのパソコンを契約通りの台数で、指定された期日・場所に納入しなければ、あなたはユキマサ商事との契約を解除することができ、さらに損害賠償請求も可能。

この様に、当事者間で「法律上の責任」が生じるか否か、が約束と契約の違いです。

ちなみに、上記のケースでの『当事者』とは、あなたとユキマサ商事を指します。担当者であるユキマサ君は当事者ではありません。

確かに納品するのはユキマサ君の担当ですが、契約通りのパソコンを収められなかったためにあなたが損害を被ったとしてもユキマサ君はあなたに対して直接の責任を負いません。

この場合、責任を負うのはユキマサ商事、という法人です。

この様にビジネスでは、あなたと法人が契約の当事者となり、契約の当事者は、相手方に『権利と義務』負うことになるのです。

まとめ

今回は、「契約」と「約束」の違いについて解説しました。

法律上の責任が生じるか否か』が両者の違いです。

業務委託契約書の作成はお任せください

弊所では、請負契約・業務委託契約書に関する様々なご相談にのっております。

  • 業務委託契約書を作りたいが何から手を付けたらいいのか分からない
  • 自社の仕組みに合わせて業務委託契約書を作成してほしい
  • 自社に有利なように業務委託契約書を作成してほしい
  • 相手方から業務委託契約書を提示されたが、署名する前にチェックしてほしい(リーガルチェック)
  • 自分で業務委託契約書を作成してみたが、法令違反がないかチェックしてほしい(リーガルチェック)

この様なことでお悩みのフリーランスの方や、フリーランスに仕事を外注する事業者様は、弊所までお気軽にお問い合わせください。

LINEで簡単!全国どこからでも対応致します。

対応可能な契約書類

商取引に関する契約書

・動産売買契約書

・土地売買契約書

・土地建物売買契約書

・継続的売買契約書

・フランチャイズ契約書

・特約店契約書

・OEM契約書

・代理店契約書

・秘密保持契約書(NDA)

賃借に関する契約書

・建物使用貸借契約書

・建物賃貸借契約書

・定期建物賃貸借契約書

・定期借地権設定契約書

・事業用定期建物賃貸借契約書

・駐車場賃借権契約書

賃金と担保に関する契約書

・債権譲渡契約書

・金銭消費貸借契約書

・抵当権設定契約書

・代物弁済契約書

・準消費貸借契約書

・集合道産譲渡担保契約書

・質権設定契約書

請負・業務委託契約書

・業務委任契約書

・建設工事請負契約書

・不動産管理委託契約書

・保守契約書

・コンサルタント契約書

・システム開発契約書

・営業委託契約書

労働に関する契約書

・雇用契約書

・労働者派遣基本契約書

・入社・退社誓約書

・身元保証契約書

・出向契約書

家族・近隣に関する契約書

・贈与契約書

・死因贈与契約書

・境界確定契約書

・遺産分割協議書

・夫婦財産契約書

・任意後見契約公正証書

・通行地役権設定契約書

サービスの提供が可能な地域:全国

北海道, 札幌,青森, 岩手, 秋田, 宮城, 山形,福島, 東京(東京都23区,千代田区,中央区,港区,世田谷区,大田区,目黒区,品川区,渋谷区,杉並区,中野区,練馬区,新宿区,江東区,墨田区,葛飾区,江戸川区,台東区,文京区,荒川区,足立区,北区,豊島区,板橋区), 神奈川, 横浜,埼玉県, 千葉, 茨城, 群馬, 栃木, 愛知, 名古屋,静岡, 三重, 岐阜, 新潟, 長野, 山梨, 石川, 富山, 福井, 大阪, 京都, 奈良, 兵庫, ,神戸,滋賀, 和歌山, 岡山, 広島, 鳥取, 山口, 島根, 愛媛, 徳島, 高知, 香川, 福岡, 佐賀, 長崎, 大分, 熊本, 宮崎, 鹿児島, 沖縄

agreement-promiss

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

気に入ったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
目次