メニュー

【下請法まとめ】親事業者の4つの義務と11つの禁止事項

Subcontract-Act-curated-media

下請法では、親事業者に4つの義務を課し、11つの禁止事項を設けています。

目次

親事業者に課せられる4つの義務

親事業者に課せられる11つの禁止事項

(1)受領拒否の禁止

親事業者が、下請事業者(受注者)に責任がないにもかかわらず、下請事業者からの納品物の給付を拒む行為を禁止しています。

(2)下請代金の支払遅延の禁止

親事業者は、下請事業者に対して、下請事業者から給付や役務の提供を受けた日(納品物の受領後や、サービスの完了後)から起算して『60日以内』に代金・報酬を支払わなければならないとしています。

(3)下請代金の減額の禁止

親事業者が下請事業者に対して、契約後に代金を減額請求することは禁止されています。

(4)返品の禁止

親事業者が下請事業者に責任(落ち度)がないにもかかわらず、発注した物品等を受け取った後に返品することを禁止しています。

(5)買いたたきの禁止

発注する物品・役務等に通常支払われる対価に比べて、著しく低い下請代金を不当に定めることを禁止しています。

(6)購入・利用強制の禁止

親事業者は、正当な理由なく、親事業者が指定する物(製品、原材料等)や役務(保険、リース等)を、下請事業者に強制的に購入・利用させることを禁止しています。

(7)報復措置の禁止

下請事業者が、親事業者の違反行為を公正取引委員会や中小企業庁に知らせたことを理由に、下請事業者に対して取引数量の削減・取引停止など、不利益な取り扱いをすることを禁止しています。

(8)有償支給原材料等の対価の早期決済の禁止

親事業者が有償支給する原材料で下請事業者が物品の製造を行っている場合、その原材料を使って製造された物品の下請代金の支払日より早く、原材料等の対価を支払わせることを禁止しています。

(9)割引困難な手形の交付の禁止

下請代金を手形で支払う際、銀行や信用金庫など一般の金融機関で割引を受けることが困難な手形を交付することを禁止しています。

(10)不当な経済上の利益の提供要請の禁止

親事業者が自己のために、下請事業者に金銭、役務や経済上の利益を不当に提供させることを禁止しています。

(11)不当な給付内容の変更及び不当なやり直しの禁止

親事業者が、発注の取消したり、発注内容の変更を行ったり、受領した後にやり直しや追加作業を行わせたりする場合に、下請事業者が負担した費用を親事業者が負担しないことを禁止しています。

トラブル防止には業務委託契約書の作成が必須

立場の弱いフリーランスや個人事業主が、親事業者からの下請法違反に対処するためには、『高品質』な業務委託契約書(製造委託契約書・請負契約書)を作成が不可欠です。

高品質とは、『契約の締結前・中・後、において想定され得るリスクを可能な限り洗い出し、その対応方法を契約書面に落とし込んだもの』と弊所は位置づけております。

これだけ重要な業務委託契約書ですが、「そもそも契約書を交わしたことがない」という方も稀にいるので驚きです。

このような方は、必ず発注者に契約書を作成してもらうか、自身で契約書を作成して発注者と合意を得てから作業を進めるようにしてください。

また既に業務委託契約書を作成し運用している場合であっても、親事業者との長年の付き合いで、契約内容が曖昧になっているケースが多くあります。

2020年に民法が大幅に改正されていることもありますので、何年も業務委託契約書(製造委託契約書・請負契約書)を見直していない方は、この機会に一度見直してみましょう。

業務委託契約書の作成はお任せください

弊所は業務委託契約書(製造委託契約・請負契約)の作成やリーガルチェックを得意としております。

  • 業務委託契約書を作りたいが何から手を付けたらいいのか分からない
  • 自社の仕組みに合わせて業務委託契約書を作成してほしい
  • 自社に有利なように業務委託契約書を作成してほしい
  • 相手方から業務委託契約書を提示されたが、署名する前にチェックしてほしい(リーガルチェック)
  • 自分で業務委託契約書を作成してみたが、法令違反がないかチェックしてほしい(リーガルチェック)

この様なことでお悩みの、フリーランスや個人事業主、事業者様、弊所まで今すぐお問い合わせください。

LINEで簡単!全国どこからでも対応致します。

対応可能な契約書類

商取引に関する契約書

・動産売買契約書

・土地売買契約書

・土地建物売買契約書

・継続的売買契約書

・フランチャイズ契約書

・特約店契約書

・OEM契約書

・代理店契約書

・秘密保持契約書(NDA)

賃借に関する契約書

・建物使用貸借契約書

・建物賃貸借契約書

・定期建物賃貸借契約書

・定期借地権設定契約書

・事業用定期建物賃貸借契約書

・駐車場賃借権契約書

賃金と担保に関する契約書

・債権譲渡契約書

・金銭消費貸借契約書

・抵当権設定契約書

・代物弁済契約書

・準消費貸借契約書

・集合道産譲渡担保契約書

・質権設定契約書

請負・業務委託契約書

・業務委任契約書

・建設工事請負契約書

・不動産管理委託契約書

・保守契約書

・コンサルタント契約書

・システム開発契約書

・営業委託契約書

労働に関する契約書

・雇用契約書

・労働者派遣基本契約書

・入社・退社誓約書

・身元保証契約書

・出向契約書

家族・近隣に関する契約書

・贈与契約書

・死因贈与契約書

・境界確定契約書

・遺産分割協議書

・夫婦財産契約書

・任意後見契約公正証書

・通行地役権設定契約書

サービスの提供が可能な地域:全国

北海道, 札幌,青森, 岩手, 秋田, 宮城, 山形,福島, 東京(東京都23区,千代田区,中央区,港区,世田谷区,大田区,目黒区,品川区,渋谷区,杉並区,中野区,練馬区,新宿区,江東区,墨田区,葛飾区,江戸川区,台東区,文京区,荒川区,足立区,北区,豊島区,板橋区), 神奈川, 横浜,埼玉県, 千葉, 茨城, 群馬, 栃木, 愛知, 名古屋,静岡, 三重, 岐阜, 新潟, 長野, 山梨, 石川, 富山, 福井, 大阪, 京都, 奈良, 兵庫, ,神戸,滋賀, 和歌山, 岡山, 広島, 鳥取, 山口, 島根, 愛媛, 徳島, 高知, 香川, 福岡, 佐賀, 長崎, 大分, 熊本, 宮崎, 鹿児島, 沖縄

Subcontract-Act-curated-media

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

気に入ったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
目次