【事業者向け】レンタル彼女のキャスト業務委託契約書の作成方法と注意点を解説

rental-girl-friend
ユキマサくん

僕も流行りにのっかってレンタル彼女事業を始めることにしたよ。
『レンタル彼女モフっ子倶楽部』どう?

純さん

なかなかのネーミングセンスですね。
ところでレンタル彼女との業務委託契約書は作ったのかな?

ユキマサくん

まさに今作ってる途中なんだけどさ、キャストを直接雇用するわけじゃないから何て書いたらいいのか分からないんだよね。

純さん

分かりました。
それでは今回は、レンタル彼女の業務委託契約書の作成方法を解説しますね。

目次

レンタル彼女事業とは?

レンタル彼女事業とは、レンタル彼女事業者が男性客に対し、契約する女性キャストを派遣し、男性客に疑似デートサービスを提供するものです。

レンタル彼女事業者と女性キャストが業務委託契約を締結し、業者がキャストに対して報酬を支払うのが一般的です。

『レンタル彼女』という名称は、ある会社が商標登録している模様ですが、全国的にどの事業者もレンタル彼女という名称を用いてサービスを提供しています。

レンタル彼女との業務委託契約書で気を付けるポイント

レンタル彼女との業務委託契約書で気を付けるポイントはたくさんありますが、その中でも特に重要な点をピックアップして解説します。

委託内容を具体的に定める

レンタル彼女(女性キャスト)に委託するサービス内容を具体的に定めます。

疑似デートサービスの提供はもちろん、インスタ、X、ティックトックなどのSNSへの投稿を委託する場合は忘れずに記載しましょう。

例えばインスタ投稿であれば、月に何件投稿するのか?一度に何枚の画像をアップしなければいけないのか?などを定めます。

契約期間を定める

レンタル彼女(女性キャスト)との契約期間を定めます。

業務委託契約では、最初1年として、以後自動更新とするケースが多く見受けられます。

法的な規定はありませんが、3年以上になると拘束期間が長くなりますので控えた方がよいでしょう。

中途解約について定める

上記の契約期間中に、やむを得ない理由による解約方法について定めます。

事業者としては、レンタル彼女(女性キャスト)に急に辞められるとサービスの提供に支障をきたす恐れがありますので、遅くとも1か月前までに申し出る、などとしておくと良いでしょう。

なおキャストが突発的に解約を申し出ることも予想されますよね?

このとき違約金を定めること自体は問題ありませんが、あまりにも高額であると公序良俗違反として無効になる可能性があります。

どうしてもャストに違約金を請求したいのであれば、その根拠を示せるようにしておく必要があります。

費用の負担について定める

レンタル彼女(女性キャスト)の自己負担項目について定めます。

デートの待ち合わせまでの交通費や解散場所から帰宅時の交通費など、事業者とキャストどちらが負担するのか?を定めます。

後から「この費用は出してくれないんですか?」とキャストから詰められる可能性もありますので、このような事態に備えて細かく規定しておきましょう。

委託料(報酬)について定める

レンタル彼女(女性キャスト)に支払う報酬規定について定めます。

時間給とする、サービス売上げの数%とする、など事業者ごとに取り扱いが異なります。

またSNS投稿を委託する可能性もありますよね?

この場合は、1投稿あたりの単価などもこちらで定めておきましょう。

キャストの新人研修や、サムネイル画像の撮影時など、報酬が発生しない場合はその旨を明記しておきます。

委託方法を定める

業務委託契約では、基本契約書と個別契約書に分けて作成するケースが多く見受けられますが、レンタル彼女(女性キャスト)に仕事を依頼する度に個別契約書をキャストにFAX送信する方法はあまり現実的ではありませんよね?

個別契約書は必ずしも書面を送付する方法でなければいけないわけでありません。

メールやLINEでも大丈夫です。

この場合は、メールやLINEが個別契約書の代わりとなりますので、「仕事はメールで発注する。委託料や集合場所や委託時間などの詳細はメールで伝える」でも問題ありません。

著作権と著作者人格権について定める

ここは超重要です。しっかり読んでください。

レンタル彼女(女性キャスト)のプロフィールをホームページに掲載するにあたり、キャストの写真を撮りますよね?またキャストがセルフィーで撮影した画像を、事業者のSNSアカウントにアップすることもあるでしょう。

この写真(動画を含む)の著作権をどう処理するのか?について定めます。

画像や動画のデータは、キャストの契約終了後にトラブルに発展するケースが多いので、ここでキチン定める必要があります。

著作権は特許権のように登録するものではなく、作った人(ここでは撮影者)に著作権が発生します。

では、サービス事業者のカメラでキャストを撮影すると、その画像データの著作権は誰のものになると思いますか?

撮影者であるレンタル彼女のサービス事業者のものになります。

では著作権をもっている事業者は、キャストの画像を自由にホームページなどで使ってよいか?というと、完全OKではありません。

「肖像権」というもう一つの権利が絡んでくるからです。

肖像権とは、人はみだりに自分の容姿を撮られたり、公表されない権利のこと。

このように様々な権利が絡み合うので、事業者がキャストの写真を自由に使うためには契約書でいくつかの約束をしてもらう必要があります。

写真をホームページに載せるのは色々と大変なんです。

copyright-give
copyright-give

キャストに、契約書の中で約束してもらう項目は2つあります。

  1. 著作権を譲渡すること
  2. 著作者人格権を行使しないこと

①著作権と②著作者人格権について、簡単に説明します。

著作権

まず①著作権。

著作権とは、自分が創作した著作物を無断でコピーされたり、インターネットで利用されない権利です。ここではレンタル彼女のプロフィール写真が著作物であり、写真を撮った人が著作権者にあたります。

著作権は人に譲渡することができる権利です。

譲渡できるのでレンタル彼女事業者に写真の著作権を譲渡する場合は、契約書の中で「譲渡します」と合意することで譲渡できます。

著作者人格権

一方②著作者人格権はいくつかの権利が束になっています。

公表権
(第18条第1項)
自分の著作物で、まだ公表されていないものを公表するかしないか、公表するとすれば、いつ、どのような方法で公表するかを決めることができる権利
氏名表示権
(第19条第1項)
自分の著作物を公表するときに、著作者名を表示するかしないか、表示するとすれば、実名、変名のいずれを表示するかを決めることができる権利
同一性保持権
(第20条第1項)
自分の著作物の内容又は題号を自分の意に反して勝手に改変されない権利
著作者人格権

そしてもう一つ「名誉声望を害する方法での利用を禁止する権利(著作権法第113条11項)」があります。

例えば、レンタル彼女(キャスト)が「私の写真をイメージが悪くなるような使い方をしないで!」と、内心を主張するような権利。

なぜこの権利だけが別枠扱いなのかというと、これだけは権利として法律で規定されていないから。

しかし第4の権利『名誉声望保持権』として呼ばれることがありますので、プラスアルファの権利として別枠で記載しています。

以上をまとめると、著作者人格権とは「著作者(キャスト)のこだわりを保護する権利」とも言えます。

そしてこの著作者人格権は人に譲渡できません

譲渡できないので、契約書の中で「私(キャスト)はこれから先も著作者人格権を行使しません」と宣言してもらうことで、事業者はキャストの宣材写真を事業の範囲内において自由に使えるようになります。

以上が、レンタル彼女の写真の取扱い上の注意点です。

まとめると、レンタル彼女事業者がキャストの写真を営業の範囲内で使うためには、契約書の中で以下の文言を入れておく必要があります。

記入例

著作権(著作権法27条及び28条の権利を含む)は、キャストが事業者に画像を送信した時点で、乙から甲に移転する。
2 乙は、甲に対し、画像の著作者人格権を行使しないものとする。

業務中の事故処理について定める

レンタル彼女(女性キャスト)は雇用契約ではなく、業務委託契約なのでキャスト仕事中に怪我をしても労災保険は使えません。ご自身の公的保険なり医療保険で対処してもらいます。

あたりのことですが、キャストは若い方が多く、雇用契約と業務委託契約の違いが分からないという人もいます。

契約書に明記して説明しておくと事故が起きた時のトラブルを抑えられます。

誓約事項を定める

誓約事項とは「お客さんと直の連絡先を交換しません」「お店のルールを守ります」といった、約束事です。

約束を破った場合にレンタル彼女(女性キャスト)に高額な違約金を請求する事業者もいるようですが、根拠のない違約金の請求は公序良俗違反として無効になる可能性が高いです。

違約金を定めるのはオッケーですが、その金額に明確な根拠が必要です。

この点は抑えておきましょう。

誓約事項は契約書に中に盛り込んでも、別紙『誓約書』を設けても、どちらでも構いません。

雇用契約となるような働き方を強要しない

繰り返しになりますが、レンタル彼女(女性キャスト)とは雇用契約ではなく、業務委託契約となります。

つまりキャストに対して下記の働き方を強要してしまうと雇用契約とみなされ、労働基準法や雇用保険法が適用されますので注意してください。

  • キャストの出勤・退勤時間を定める
  • キャストが仕事を断ることができない
  • 待ちの時間、キャストの外出を禁じている
  • キャストに福利厚生制度を利用させている
  • キャストの報酬から源泉徴収している

他にもありますが、このような制約を設けていると「いやいやこれって雇用契約ですよね?」と疑われてしまいます。

雇用契約とみなされると、サービス事業者はキャストに健康保険や厚生年金保険の加入義務が生じる場合もありますので十分注意しましょう。

詳しくは下記の記事をお読みください。

キャストに生き生きと働いてもらえる契約書を作ろう

今回は、レンタル彼女サービス事業者と女性キャストとの間で締結する業務委託契約書の作成方法や注意点について解説しました。

注意事項は他にもありますが、今回は特に重要な点をピックアップしております。

契約書を作成する際は、今回ご紹介したポイント(特に著作権に関する事項!)は必ず盛り込んでおきましょう。

さて、この記事をお読みの事業者様、当たり前ですが売上げをもっと上げたいですよね?

そのためには何が重要だと思いますか?

答えは『質の高い業務委託契約書』です。

質の高い業務委託契約書があれば、キャストは安心して生き生きと働くことができます。

長期間働いてくれると、固定客が増えますので、結果的に売上げが上がります。対人商売の鉄則ですね。

業務委託契約書は、労働条件通知書のようなもの。

想像してみてください。こんな契約書だったら不安じゃないですか?

  • 報酬単価が書いていない
  • 指名をたくさん取っても指名料がもらえるか分からない
  • なぜか出勤時間、退勤時間を定めている
  • 契約期間がよく分からない
  • 契約更新できる条件がよく分からない

こんな契約書では安心して生き生きと働けませんよね?

だから業務委託契約書は質が重要なのです。

キャストに生き生きとやり甲斐をもって長期的に働いてもらうためには、キャストが安心して働ける環境つくりが大切です。

その環境つくりの第一歩こそが『契約書』というわけです。

この記事をお読みのあなたには、是非とも質の高い業務委託契約書を用いて、レンタル彼女事業の売上げを伸ばしていただきたいと願います。

レンタル彼女の業務委託契約書の作成はお任せください

弊所は、レンタル彼女の業務委託契約書の作成を得意としています。

こんなお悩みはありませんか?

  • レンタル彼女の業務委託契約書を作ろうと思ったけどネットで見つからなかった
  • 他の業務委託契約書のひな型を参考に作ろうと試みたけど挫折した
  • それっぽい契約書は出来上がったが、法的に問題ないか不安がある

このようなことでお悩みでしたら、今すぐ弊所までご相談ください。

まずはしっかりとあなたのお悩み・不安・疑問をヒアリングします。

そしてそれらを解消できる契約書を作成します。

完全オーダーメイドです。

また修正回数に上限を設けておりませんので、ご納得いくまでお付き合いします。

質の高い業務委託契約書を作って、一緒に売上げアップを目指しましょう。

LINEで簡単!全国どこからでも対応致します。

最初だけメールまたはLINEでお問い合わせください。

詳しいお話は電話でお伺いします

サービスの提供が可能な地域:全国

北海道, 札幌,青森, 岩手, 秋田, 宮城, 山形,福島, 東京(東京都23区,千代田区,中央区,港区,世田谷区,大田区,目黒区,品川区,渋谷区,杉並区,中野区,練馬区,新宿区,江東区,墨田区,葛飾区,江戸川区,台東区,文京区,荒川区,足立区,北区,豊島区,板橋区), 神奈川, , 横浜,埼玉県, 千葉, 茨城, 群馬, 栃木, 愛知, , 名古屋,静岡, 三重, 岐阜, 新潟, 長野, 山梨, 石川, 富山, 福井, 大阪, 京都, 奈良, 兵庫, ,神戸滋賀, 和歌山, 岡山, 広島, 鳥取, 山口, 島根, 愛媛, 徳島, 高知, 香川, 福岡, 佐賀, 長崎, 大分, 熊本, 宮崎, 鹿児島, 沖縄

対応可能な契約書類

商取引に関する契約書

・動産売買契約書

・土地売買契約書

・土地建物売買契約書

・継続的売買契約書

・フランチャイズ契約書

・特約店契約書

・OEM契約書

・販売代理店契約書

・秘密保持契約書(NDA)

・事業譲渡契約書

・企業主導型保育従業員枠共同利用契約書

・M&Aアドバイザリー契約書

・継続的商品売買契約書

・スポンサー契約書

賃借に関する契約書

・建物使用貸借契約書

・建物賃貸借契約書

・定期建物賃貸借契約書

・定期借地権設定契約書

・事業用定期建物賃貸借契約書

・駐車場賃借権契約書

・社宅借り上げ契約書

賃金と担保に関する契約書

・債権譲渡契約書

・金銭消費貸借契約書

・抵当権設定契約書

・代物弁済契約書

・準消費貸借契約書

・集合動産譲渡担保契約書

・質権設定契約書

請負・業務委託契約書

・業務委託契約書

・建設工事請負契約書

・不動産管理委託契約書

・コンサルタント契約書

・システム開発契約書

・営業委託契約書

・ヘアーサロン美容師業務委託契約書

・ヨガ・ダンス教室業務委託契約書

・給食提供業務委託契約書

・訪問歯科医療委託契約書

・動画制作業務委託契約書

・声優・ナレーター動画出演委託契約書

・ライター業務委託契約書

・脚本(シナリオ)執筆委託契約書

・SNS運用代行契約書

・動画・舞台出演契約書

・コールセンター業務委託契約書

・システム・機械保守メンテナンス契約書

・セミナー・講演会・出演契約書

・イラスト制作業務委託契約書

・写真家・フォトグラファー業務委託契約書

・ダンス・舞踊創作の委託契約書

・デリヘル店業務委託契約書

・マッサージ、リラクゼーションサロン業務委託契約書

・レンタル彼女キャスト業務委託契約書

労働に関する契約書

・雇用契約書

・労働者派遣基本契約書

・入社・退社誓約書

・身元保証契約書

・出向契約書

・専属マネジメント契約書

・著作権譲渡契約書

・著作権利用許諾契約書

家族・近隣に関する契約書

・贈与契約書

・死因贈与契約書

・境界確定契約書

・遺産協議書

・夫婦財産契約書

・任意後見契約公正証書

・通行地役権設定契約書

気に入ったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
目次