メニュー

著作権は譲渡したくない。著作物利用許諾契約書の作成で気を付けるポイントを解説

copyrighted work
ユキマサくん

ある自治体から「地方の魅力を伝えるPR動画を制作してほしい」って頼まれたんだよね。
それは嬉しい話だけど著作権は相手に渡さず僕がもっておきたいんだ。
契約書に落とし込むにあたり、なにかいい方法はないかな?

純さん

それなら著作物の利用許諾契約にしましょう。
利用許諾契約なら著作権を渡さずに、利用できる相手や期間を限定することができますよ。

ユキマサくん

へぇ、そんな契約書があるんだね。
もっと詳しく教えてよ。

純さん

分かりました。
それでは今回は、著作物利用許諾契約書を作成するときに気を付けるポイントについて解説しますね。

著作権を譲渡する場合の契約書の書き方などは以下の記事をご覧ください。

著作権ってなに?」という方は以下の記事をご覧ください。

目次

著作物利用許諾契約書とは

著作権法では、著作権を有している人(著作権者)は他人に対して著作物(ライセンス)の利用を許諾することができる、と定めています。著作権者(ライセンサー)から利用許諾を受けた人(ライセンシー)は、許諾された利用方法や条件の範囲内であれば著作物を利用することできます。

著作物の利用の条件や範囲、期間などを定める契約書を『著作物利用許諾契約書』といいます。

(著作物の利用の許諾)

第六十三条 著作権者は、他人に対し、その著作物の利用を許諾することができる。

 前項の許諾を得た者は、その許諾に係る利用方法及び条件の範囲内において、その許諾に係る著作物を利用することができる。

著作物利用許諾契約書の作成で気を付けるポイント

甲と乙とは、甲が有する下記記載の著作物(以下「本件著作物」という。)の利用権の許諾について、次の通り契約を締結する。

著作権者(ライセンサー)の権限を確認する

利用許諾を受ける人(ライセンシー)は、著作物利用許諾契約書を交わす前に、著作権者(ライセンサー)が目的の著作物に対する権限をもっているか確認しましょう。

なぜなら、著作権は著作者が著作物を創作するのと同時に生ずるものであり、登録や申請を必要としていないからです。

このため、本当に契約の相手方が著作物の著作権者であるかを事前確認する必要があるのです。

利用方法や利用条件を明確にする

利用許諾を受ける人(ライセンシー)は、著作物を許諾された範囲内でのみで利用できます。その範囲を超えると、著作権の侵害となります。

契約後のトラブルを防止するためには、著作物利用許諾契約書には、著作物名著作者名などを明確に特定しておく必要があります。

利用範囲についても、その利用目的利用可能地域利用可能期間独占的に許諾するか否か全部許諾させるか一部許諾か、などについても規定しておきましょう。

利用料について定める

利用許諾の対価(利用料・ライセンス料)の支払義務が生じる場合は、その額や支払い条件を明確に規定します。

例えば「利用料は売上高の◯%とする」など。

再許諾の可否について定める

著作物を利用する権利(利用許諾権)は、第三者に譲渡したり、再許諾(サプライセンス)させることも可能です。

これを可能とするのか不可とするのかについては、契約当事者の合意により決めることができます。

この合意事項を契約書に明示しておきましょう。

乙は、甲の承諾を得ることで、本利用権を第三者に対して再許諾することができる

第三者の権利侵害について定める

利用許諾を受ける人(ライセンシー)、著作物利用許諾契約書に基づき著作物を利用していたところ、第三者がこの利用権に関して権利侵害を主張してくる可能性もあります。

この場合、最初に第三者から損害賠償責任を追及されるのは利用許諾を受ける人(ライセンシー)です。

こんな事があってはライセンシーは安心して著作物を利用することができないので、契約書で「利用する著作物が第三者の著作権を侵害していないこと」を著作権者(ライセンサー)に保証してもらう必要があります。

著作権者(ライセンサー)の協力義務について定める

甲は、乙が希望するときは、本件著作物の原画その他の資料を乙に貸与する。

利用許諾を受ける人(ライセンシー)が著作物を利用するにあたり、現行や原画などの資料が必要になる場合があります。

このとき、著作権者(ライセンサー)が直ぐに資料を貸してくれるよう合意し、これを契約書に定めておきましょう。

まとめ

今回は、著作物利用許諾契約書を作成するときに気を付けるポイントを解説しました。他にも定めるべき事項はたくさんありますが、今回解説したポイントは特に重要ですから、必ず抑えておきましょう。

  • 著作権者(ライセンサー)の権限を確認する
  • 利用方法や利用条件を明確にする
  • 利用料について定める
  • 再許諾の可否について定める
  • 第三者の権利侵害について定める
  • 著作権者(ライセンサー)の協力義務について定める

著作物利用許諾契約書の作成はお任せください

弊所は、著作物利用許諾契約書の作成を得意としております。

  • 契約書を交わしたはずだが著作権条項を盛り込んでいなかった。
  • 著作権は譲渡したくないので、利用許諾に留めたい
  • ネットで適当な著作物利用許諾契約書を見つけて自分で作ってみたが、法的に問題ないか不安だ
  • クライアントが用意した著作物利用許諾契約書にサインする前に、不利な条件が書かれていないかチェックしてほしい

この様なことでお困りの企業やフリーランスのクリエイターさんは、今すぐ弊所にご相談ください。

しっかりとヒアリングをおこなったうえで、質の高い契約書を作成します。

ネットで拾えるようなペラペラなものではなく、あなただけのオリジナルの契約書です。

高品質な契約書を用いて、ビジネスを安全かつ効率的に進めましょう。

LINEで簡単!全国どこからでも対応致します。

最初だけメールまたはLINEでお問い合わせください。

詳しいお話は電話でお伺いします

対応可能な契約書類

商取引に関する契約書

・動産売買契約書

・土地売買契約書

・土地建物売買契約書

・継続的売買契約書

・フランチャイズ契約書

・特約店契約書

・OEM契約書

・代理店契約書

・秘密保持契約書(NDA)

・事業譲渡契約書

・企業主導型保育従業員枠共同利用契約書

・M&Aアドバイザリー契約書

・継続的商品売買契約書

・スポンサー契約書

賃借に関する契約書

・建物使用貸借契約書

・建物賃貸借契約書

・定期建物賃貸借契約書

・定期借地権設定契約書

・事業用定期建物賃貸借契約書

・駐車場賃借権契約書

・社宅借り上げ契約書

賃金と担保に関する契約書

・債権譲渡契約書

・金銭消費貸借契約書

・抵当権設定契約書

・代物弁済契約書

・準消費貸借契約書

・集合動産譲渡担保契約書

・質権設定契約書

請負・業務委託契約書

・業務委任契約書

・建設工事請負契約書

・不動産管理委託契約書

・コンサルタント契約書

・システム開発契約書

・営業委託契約書

・ヘアーサロン美容師業務委託契約書

・ヨガ・ダンス教室業務委託契約書

・給食提供業務委託契約書

・訪問歯科医療委託契約書

・動画編集業務委託契約書

・ライター業務委託契約書

・SNS運用代行委託契約書

・動画・舞台出演契約書

・コールセンター業務委託契約書

・システム・機械保守メンテナンス契約書

・セミナー・講演会出演契約書

・イラスト制作業務委託契約書

・写真家・フォトグラファー業務委託契約書

・ダンス・舞踊創作の委託契約書

労働に関する契約書

・雇用契約書

・労働者派遣基本契約書

・入社・退社誓約書

・身元保証契約書

・出向契約書

・専属マネジメント契約書

・著作権譲渡契約書

・著作物利用許諾契約書

家族・近隣に関する契約書

・贈与契約書

・死因贈与契約書

・境界確定契約書

・遺産協議書

・夫婦財産契約書

・任意後見契約公正証書

・通行地役権設定契約書

サービスの提供が可能な地域:全国

北海道, 札幌,青森, 岩手, 秋田, 宮城, 山形,福島, 東京(東京都23区,千代田区,中央区,港区,世田谷区,大田区,目黒区,品川区,渋谷区,杉並区,中野区,練馬区,新宿区,江東区,墨田区,葛飾区,江戸川区,台東区,文京区,荒川区,足立区,北区,豊島区,板橋区), 神奈川, , 横浜,埼玉県, 千葉, 茨城, 群馬, 栃木, 愛知, , 名古屋,静岡, 三重, 岐阜, 新潟, 長野, 山梨, 石川, 富山, 福井, 大阪, 京都, 奈良, 兵庫, ,神戸滋賀, 和歌山, 岡山, 広島, 鳥取, 山口, 島根, 愛媛, 徳島, 高知, 香川, 福岡, 佐賀, 長崎, 大分, 熊本, 宮崎, 鹿児島, 沖縄

copyrighted work

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

気に入ったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
目次