メニュー

請負・業務委託契約でトラブルになりがちな『デザインの作成』。トラブルを回避するコツを判例を交えて解説

design-worries
ユキマサくん

ロゴデザインの作成を請け負ったんだけど、納品しても依頼者から何度も修正を要求されちゃうよ。

純さん

デザインの満足感は本人にしか分からないからね。

ユキマサくん

依頼者を満足させるまで修正を続けないと、僕は債務不履行責任を負うのかニャ?

純さん

そんなことはありませんよ。
今回は、ロゴなどの『デザインの作成』を請負う際にトラブルになりがちな契約条項とその対策を解説します、

目次

債務は弁済したときに消滅する

フリーランスは日々、多くの請負・業務委託契約書を交わしますが、中でもお店の看板や企業ロゴの作成など『デザイン』が絡むものについてはトラブルになりがちです。

なぜなら、デザインの満足感は依頼者本人にしか分からないからです。

お金の貸し借りの契約は、目に見えて数字で判明できるので、約束を果たした・果たしていない、の結果が明確ですが、ことデザインに関しては完成度を数字で計ることができません。

このため、契約書には委託者とのトラブルを回避するための条項をしっかりと明記することが重要になります。

前提として、契約は、受託者が委託者に債務の弁済(ここでは、成果物を相手に納品すること)したときに、受託者の債務(契約上の義務)は消滅する、ということを認識しておきましょう。

民法 473条: 債務者が債権者に対して債務の弁済をしたときは、その債権は、消滅する。

受託者が満足するまでデザインを修正する必要があるのか

デザインの作成は、デザイナーの裁量幅が大きくなります。

委託者は事前に「この様なイメージで作って」と伝えますが、委託者の希望通りのデザインが一発で出来上がるケースは少ないでしょう。

この場合、受託者は委託者が満足するまで何度でも修正をおこなう義務があるのか、が争点となります。

この問題に関して「デザイナーは委託者の希望に叶うまでデザインを修正し続ける必要はない」という判例があります。

東京地判昭 62.5.18判時 1272 • 107

「(デザイナーの業務に関し) デザインにおける素材、色彩又は形状等について発注者から指示があればデザイナーはそれに従うべきことは当然であるが、そのような指示のない限りそのようなイメージのデザイン化は、あげてデザイナーの感性、創作能力に委ねられるものであって、デザイナーが予め発注者とイメージについて充分打合わせをし、その結果に基づきそのイメージに合うものとしてその感性、創作能力をもってデザインを制作した以上、結果的にデザインが発注者の意に沿わないものであったとしても、デザイナーとしてはその償務を履行したものというべきであって、発注者とデザイナーとの間で明示的又は黙示的にその旨の合意がない限り、デザイナーにおいて発注者の意に沿うまでデザインを制作し直す義務はないというべきである。」

つまり、事前に十分な打ち合わせをした上で、デザイナーがもつ能力をフルに発揮させたものであれば、発注者の希望通りの制作物が出来上がらなかったとしても、デザイナーは契約の債務(義務)を果たしたといえる=債務不履行責任を負わない、としているのです。

契約書ではどう明記すべきか

それでは、契約書ではどの様に明記すればトラブルを回避できるのでしょうか。

まず契約前に、発注者と受託者の完成が合致していることを確認することが必要。その上で、発注者のイメージをできるだけ具体的に伝え、打ち合わせを重ねていかなければなりません。

第◯条
発注者と受託者は、本件業務での成果物が発注者のイメージに合致することが重要であることを互いに認識したうえで、そのための打ち合わせを慎重かつ十分に行わなければならない。
2 受託者は…

請負契約・業務委託契約書の作成はお任せください

弊所では、請負契約・業務委託契約書に関する様々なご相談にのっております。

  • 業務委託契約書を作りたいが何から手を付けたらいいのか分からない
  • 自社の仕組みに合わせて業務委託契約書を作成してほしい
  • 自社に有利なように業務委託契約書を作成してほしい
  • 相手方から業務委託契約書を提示されたが、署名する前にチェックしてほしい(リーガルチェック)
  • 自分で業務委託契約書を作成してみたが、法令違反がないかチェックしてほしい(リーガルチェック)

この様なことでお悩みのフリーランスの方や、フリーランスに仕事を外注する事業者様は、弊所までお気軽にお問い合わせください。

LINEで簡単!全国どこからでも対応致します。

対応可能な契約書類

商取引に関する契約書

・動産売買契約書

・土地売買契約書

・土地建物売買契約書

・継続的売買契約書

・フランチャイズ契約書

・特約店契約書

・OEM契約書

・代理店契約書

・秘密保持契約書(NDA)

賃借に関する契約書

・建物使用貸借契約書

・建物賃貸借契約書

・定期建物賃貸借契約書

・定期借地権設定契約書

・事業用定期建物賃貸借契約書

・駐車場賃借権契約書

賃金と担保に関する契約書

・債権譲渡契約書

・金銭消費貸借契約書

・抵当権設定契約書

・代物弁済契約書

・準消費貸借契約書

・集合道産譲渡担保契約書

・質権設定契約書

請負・業務委託契約書

・業務委任契約書

・建設工事請負契約書

・不動産管理委託契約書

・保守契約書

・コンサルタント契約書

・システム開発契約書

・営業委託契約書

労働に関する契約書

・雇用契約書

・労働者派遣基本契約書

・入社・退社誓約書

・身元保証契約書

・出向契約書

家族・近隣に関する契約書

・贈与契約書

・死因贈与契約書

・境界確定契約書

・遺産分割協議書

・夫婦財産契約書

・任意後見契約公正証書

・通行地役権設定契約書

サービスの提供が可能な地域:全国

北海道, 札幌,青森, 岩手, 秋田, 宮城, 山形,福島, 東京(東京都23区,千代田区,中央区,港区,世田谷区,大田区,目黒区,品川区,渋谷区,杉並区,中野区,練馬区,新宿区,江東区,墨田区,葛飾区,江戸川区,台東区,文京区,荒川区,足立区,北区,豊島区,板橋区), 神奈川, 横浜,埼玉県, 千葉, 茨城, 群馬, 栃木, 愛知, 名古屋,静岡, 三重, 岐阜, 新潟, 長野, 山梨, 石川, 富山, 福井, 大阪, 京都, 奈良, 兵庫, ,神戸,滋賀, 和歌山, 岡山, 広島, 鳥取, 山口, 島根, 愛媛, 徳島, 高知, 香川, 福岡, 佐賀, 長崎, 大分, 熊本, 宮崎, 鹿児島, 沖縄

design-worries

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

気に入ったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
目次