メニュー

【契約書】歌手の愛内里菜と所属事務所が契約トラブル。争点となった『公序良俗違反』とは

public-order-and-morals
ユキマサくん

歌手の愛内里菜さんが、所属事務所と芸名の使用許可を巡る問題で裁判になってたんだってね。

純さん

はい、この問題は「契約条項が公序良俗に反するのか?」が争点となりました。

ユキマサくん

『公序良俗』って聞いてもいまいち意味が分からないニャあ。

純さん

それでは今回は『公序良俗違反』について解説します。契約書を作成するにあたり基本となる考え方ですからしっかり理解しておきましょう。

目次

愛内里菜と所属事務所との訴訟経緯

まず愛内里菜さんと所属事務所との間でトラブルになった事の発端と経緯を説明します。

愛内里菜さんと所属事務所は1999年5月に専属契約を締結。
その際交わした契約書面には「契約期間中、そして契約終了後も『愛内里菜』という芸名を事務所の承諾なしに使用してはいけない」との条項があった。
愛内里菜さんは2010年に一度歌手を引退、その後2015年頃から別名義で活動を再開したが、2021年3月から再び「愛内里菜」名義で活動を再開したところ、所属していた事務所側が『愛内里菜』の芸名を使用差し止めを求めて同年5月に提訴した。

訴訟は『愛内里菜』の芸名を独占利用できる権利「パブリシティー権」が、彼女と所属事務所のどちらに帰属するのか?が争点となった。
判決の結果、事務所が定めたパブリシティー権は「合理的な範囲を超えて愛内さんの利益を制約し、公序良俗に反する」として「無効」と判断。
パブリシティー権は愛内里菜さんに帰属するとした。

「事務所の引退後も、芸名の継続使用権は事務所側に帰属する」とした契約条項の有効性が争点となった判決は初めてとみられたため大きく取り上げられました。

要約すると、以下の3つが判決の内容です。

  1. パブリシティー権が事務所側にあるとした主張が公序良俗違反にあたる
  2. 芸名の無承諾使用を禁じた条項は「社会的相当性」を欠く
  3. 愛内里菜と事務所で契約関係が終了している

パブリシティー権とは

判決はまず、愛内里菜という芸名の「パブリシティー権」について検討しました。

パブリシティー権とは?
有名人や著名人が、自己の氏名や肖像などについて、対価を得て第三者に専属的に使用させ得る権利や、その価値を商業的に独占利用できる権利のこと。

事務所側は『芸名・愛内里菜』のパブリシティー権は「何らの制限なく原始的に事務所に帰属する」と主張していましたが、判決は「事務所が契約書にて定めたパブリシティー権は、合理的な範囲を超えて愛内里菜さんの利益を制約し、公序良俗に反する」として「無効」と判断しました。

砕けた言い方をすると「所属事務所を引退した後も『愛内里菜』の芸名を永遠に使わせないぞ、とする事務所の一方的な契約内容は、彼女がこれからの人生で得られる利益を制限しすぎている。道徳的に違反してるから無効だぞ」と。

それでは判決のもう一つのポイント『公序良俗に反し』とは?具体的にどの様な意味を指すのでしょうか。

公序良俗違反とは

『公序良俗に反する=公序良俗違反』とは、民法第90条に定められています。

民法90条

公の秩序又は善良の風俗に反する事項を目的とする法律行為は、無効とする

90条は『法律行為の目的が反社会的・反道徳的な場合は、その効力を無効とすることで、法律行為の社会的妥当性を保っていこう』とする目的で規定されています。

例えば『報酬を渡すから気に食わない人を殺してきてほしい』とする契約は、反社会的・反道徳的なので、契約そのものが無効となります。

また契約の内容自体が公序良俗に反していなくても,その動機を相手が知っているような場合も無効。

例えば、パチンコ屋や競馬などのギャンブルで負けた債務を返すために借金をするような場合、そのことをお金を貸す方が知っていれば、これも公序良俗違反で無効となります。

今回の愛内里菜さんの訴訟では「彼女が事務所を引退した後も、事務所が承諾しない限り、永遠にその芸名を使用させないぞ」と定めた事務所の契約は公序良俗違反反社会的・反道徳的)だ、と判断されたのです。

また判決では「何の代償措置もないまま、無期限に芸名使用を認めるか否かの権限を事務所側に持たせることまでを正当化するものにはならない」、「社会的相当性を欠く」として、事務所側が定めた契約条項は無効と判断

最後に、愛内里菜さんと事務所との契約関係は現在も継続しているか?についても争われましたが、こちらについては「マネジメント業務の有無などを踏まえて終了したと認められる」との判決でした。

まとめ

今回は『公序良俗違反』について解説しました。

パブリシティー権の帰属主体が事務所側にあるとした契約内容が公序良俗違反にあたるか?が争点となった本訴訟は非常に珍しいケースでした。

実際の契約の場面では『公序良俗違反の該当性』について注視ながら契約書面を読み込む人はほとんどいないのではないでしょう。

しかし今回の判決で、公序良俗違反の該当性が身近な契約の場面でも起こり得ることを示してくれました。

既に契約した書面があれば『公序良俗違反』にあたるような条項が含まれていないかをチェックしてみると良いかもしれませんね。

契約書の作成はお任せください

弊所では、契約書や公正証書の作成に関する様々なお悩みにお応えしております。

  • 契約書を作りたいが何から手を付けたらいいのか分からない
  • オリジナルで契約書を作成してほしい
  • 自社に有利なように契約書を作成してほしい
  • 作ってみたけど法的に問題がないか不安だ。チェックしてほしい(リーガルチェック)。
  • 相手から渡された契約書にサインする前に不利な条件が課されていないかチェックしてほしい(リーガルチェック)

この様なことでお悩みの方は、今直ぐお問い合わせください。

LINEで簡単!全国どこからでも対応致します。

対応可能な契約書類

商取引に関する契約書

・動産売買契約書

・土地売買契約書

・土地建物売買契約書

・継続的売買契約書

・フランチャイズ契約書

・特約店契約書

・OEM契約書

・代理店契約書

・秘密保持契約書(NDA)

賃借に関する契約書

・建物使用貸借契約書

・建物賃貸借契約書

・定期建物賃貸借契約書

・定期借地権設定契約書

・事業用定期建物賃貸借契約書

・駐車場賃借権契約書

賃金と担保に関する契約書

・債権譲渡契約書

・金銭消費貸借契約書

・抵当権設定契約書

・代物弁済契約書

・準消費貸借契約書

・集合道産譲渡担保契約書

・質権設定契約書

請負・業務委託契約書

・業務委任契約書

・建設工事請負契約書

・不動産管理委託契約書

・保守契約書

・コンサルタント契約書

・システム開発契約書

・営業委託契約書

労働に関する契約書

・雇用契約書

・労働者派遣基本契約書

・入社・退社誓約書

・身元保証契約書

・出向契約書

家族・近隣に関する契約書

・贈与契約書

・死因贈与契約書

・境界確定契約書

・遺産分割協議書

・夫婦財産契約書

・任意後見契約公正証書

・通行地役権設定契約書

サービスの提供が可能な地域:全国

北海道, 札幌,青森, 岩手, 秋田, 宮城, 山形,福島, 東京(東京都23区,千代田区,中央区,港区,世田谷区,大田区,目黒区,品川区,渋谷区,杉並区,中野区,練馬区,新宿区,江東区,墨田区,葛飾区,江戸川区,台東区,文京区,荒川区,足立区,北区,豊島区,板橋区), 神奈川, 横浜,埼玉県, 千葉, 茨城, 群馬, 栃木, 愛知, 名古屋,静岡, 三重, 岐阜, 新潟, 長野, 山梨, 石川, 富山, 福井, 大阪, 京都, 奈良, 兵庫, ,神戸,滋賀, 和歌山, 岡山, 広島, 鳥取, 山口, 島根, 愛媛, 徳島, 高知, 香川, 福岡, 佐賀, 長崎, 大分, 熊本, 宮崎, 鹿児島, 沖縄

public-order-and-morals

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

気に入ったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
目次