メニュー

業務委託契約書のドラフトはどちらが先に作成するべき?有利・不利はあるのか

first-draft
ユキマサくん

新規のクライアントから「業務委託契約書はユキマサくんが作ってくれ」って言われたんだけど、これって僕が作るべきなの?

純さん

契約書のドラフトはどちらが作成しても問題ありませんよ。
しかし契約を有利に進めたいならユキマサくんが作りましょう。

目次

先行か後攻か

「業務委託契約書は発注者が作成しなければならない」といった法律はありませんので、発注者と受注者、そのどちらが作成しても問題ありません。

しかし個人的には、あなたが率先して作成すること(先攻)をお勧めします。

その理由は、契約書を先に作成すれば、その後の内容のすり合わせ場面で有利に戦うことができるから。

契約書のドラフトは『契約の土台』とも言えます。

土台を基礎から築き上げるのは、正直手間のかかる作業ですが、土台となる基礎部分は相手から見えにくい箇所でもありますので、この点を上手く利用して自社に有利な契約を締結することが可能になります。

業務委託契約書は、盛り込む条項や条項の順番など形式的な決まりがあるわけではありませんので、作成者によって完成フィールド(舞台)が全く異なります。

是非とも先制攻撃を仕掛けて、自分に有利な舞台で戦えるようにしたいものです。

先攻のメリット

相手方が作った契約書のドラフトをチェックする場面(リーガルチェック)では、経験値がモノを言います。

ここで言う経験値とは、見えないモノを発見する能力のこと。

リーガルチェックでは、契約書面に書かれてある事項に関しては「この保証期間は少し延ばしてほしい」など修正依頼をかけやすいのですが、逆に書かれていない事項を発見するのは場数をこなしていないと難しいのです。

なお、契約書面に明記されていない事項に疑義が生じた場合は、民法の規定に従って解決されることになります。

つまり、民法の規定が自社に有利な内容であれば、契約書面に自社の不利となる条項を敢えて書かない、ということもできるのです。

このとき相手方が、自社の作成したドラフトにあまり修正依頼を出してこなければ、シメシメというわけです。

ただし、逆の立場になったときにあなたが欠けている条文を発見することができなければ相手方有利となるので、ファーストドラフトで先制攻撃をかけるのであれば『抜け・漏れ』の無い、絶対的なドラフトを作り上げる覚悟をもって挑まなければなりません。

先攻のデメリット

先にドラフトを提出すると(先攻)、自社の手の内をさらしてしまうデメリットもあります。

しかし相手方の出方を見ながら、自社の手の内を見せないことも可能です。

あくまでそれは、ファーストドラフトの作り方や、提示の仕方が練り込まれていることが前提となりますが、このような駆け引きを考えたりすることで、ファーストドラフトの原案の作成やその後の交渉が楽しくなります。

まとめ

業務委託契約書のドラフトは、自社が先に作成する方が契約を有利に進めることができるためお勧めです。

ただし、ファーストドラフトの提出後、相手方が「この条文については、こう修正を依頼してくるかもしれないな」と様々な憶測を立てておくことも必要です。

それに対して切り返しの代替案まで用意しておくなど、緻密な戦略を練っておかなければなりません。

是非、自社に有利な業務委託契約書を用いてビジネスを円滑に拡大させていきましょう。

業務委託契約書の作成はおまかせください

弊所は業務委託契約書の作成やリーガルチェックを得意としております。

  • 業務委託契約書を作りたいが何から手を付けたらいいのか分からない
  • 自社の仕組みに合わせて業務委託契約書を作成してほしい
  • 自社に有利なように業務委託契約書を作成してほしい
  • 相手方から業務委託契約書を提示されたが、署名する前にチェックしてほしい(リーガルチェック)
  • 自分で業務委託契約書を作成してみたが、法令違反がないかチェックしてほしい(リーガルチェック)

この様なことでお悩みの、フリーランスや個人事業主、事業者様、弊所まで今すぐお問い合わせください。

LINEで簡単!全国どこからでも対応致します。

対応可能な契約書類

商取引に関する契約書

・動産売買契約書

・土地売買契約書

・土地建物売買契約書

・継続的売買契約書

・フランチャイズ契約書

・特約店契約書

・OEM契約書

・代理店契約書

・秘密保持契約書(NDA)

賃借に関する契約書

・建物使用貸借契約書

・建物賃貸借契約書

・定期建物賃貸借契約書

・定期借地権設定契約書

・事業用定期建物賃貸借契約書

・駐車場賃借権契約書

賃金と担保に関する契約書

・債権譲渡契約書

・金銭消費貸借契約書

・抵当権設定契約書

・代物弁済契約書

・準消費貸借契約書

・集合道産譲渡担保契約書

・質権設定契約書

請負・業務委託契約書

・業務委任契約書

・建設工事請負契約書

・不動産管理委託契約書

・保守契約書

・コンサルタント契約書

・システム開発契約書

・営業委託契約書

労働に関する契約書

・雇用契約書

・労働者派遣基本契約書

・入社・退社誓約書

・身元保証契約書

・出向契約書

家族・近隣に関する契約書

・贈与契約書

・死因贈与契約書

・境界確定契約書

・遺産分割協議書

・夫婦財産契約書

・任意後見契約公正証書

・通行地役権設定契約書

サービスの提供が可能な地域:全国

北海道, 札幌,青森, 岩手, 秋田, 宮城, 山形,福島, 東京(東京都23区,千代田区,中央区,港区,世田谷区,大田区,目黒区,品川区,渋谷区,杉並区,中野区,練馬区,新宿区,江東区,墨田区,葛飾区,江戸川区,台東区,文京区,荒川区,足立区,北区,豊島区,板橋区), 神奈川, 横浜,埼玉県, 千葉, 茨城, 群馬, 栃木, 愛知, 名古屋,静岡, 三重, 岐阜, 新潟, 長野, 山梨, 石川, 富山, 福井, 大阪, 京都, 奈良, 兵庫, ,神戸,滋賀, 和歌山, 岡山, 広島, 鳥取, 山口, 島根, 愛媛, 徳島, 高知, 香川, 福岡, 佐賀, 長崎, 大分, 熊本, 宮崎, 鹿児島, 沖縄

first-draft

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

気に入ったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
目次