メニュー

フリーランスが請負・業務委託契約書を作成するときの注意点を3つ解説

contract-be-careful
ユキマサくん

フリーランスの僕が請負・業務委託契約書を作成するにあたって、特に気を付けるポイントはあるかニャ?

純さん

気を付けることは沢山ありますが、今回はその中でも特に注意する点について3つ解説しますね。

目次

以前使用した契約書を使い回さない

請負・業務委託契約書は、契約を締結する度に、ゼロベースで作成するようにしましょう。

案件が似ているからと言って、以前使用した契約書の日付だけ変えたり、甲乙の名称だけ変えたりと、使い回しをするようなことだけは絶対に止めましょう。

その理由は、契約書の効力が弱くなることがあるから。

契約書は、当事者の合意によって成立します。合意内容は当然契約の度に異なるはず。また取引相手によっては、異なる商習慣が適用されることもあるでしょう。

  • 連帯保証人の有無
  • 対象となるサービスの内容、数量、納入時期、品質
  • 契約不適合責任
  • 解除条項
  • 支払い方法、時期

など、挙げればキリがありませんが、これら全ての合意内容が、全ての契約書で同じ内容になることはあり得ないはずです。

過去に使用した契約書や、インターネットで拾った雛形契約書は、あくまで参考程度にとどめておき、原則ゼロベースで作成する意識を持ちましょう。

特に重要な事項は特約欄を設けよう

契約書によっては、特約欄を設けるケースがあります。

特約欄は特に重要な事項を確認する際には有効です。

例えば事業用定期借地権設定合意書などの不動産契約書類には『原状回復義務』を定めることがあります。

・「契約の終了時は、借主の負担で建物を解体して更地にして地主に返還すること」や

・「契約期間の満了後も甲乙が希望した場合は、再契約の交渉ができる」

など、特に重要な箇所については特約欄を設置して明記します。

特約欄を設けることは義務ではありませんが、特に重要な事項を目立たせる効果があります。目立つということは、それだけ注視します。注視して合意内容を確認することは将来のトラブル防止につながります。

このような理由から、特に重要な項目については特約欄を設けることをお勧めします。

日付欄は合意日を入力

契約書の日付欄は超重要です。

なぜなら、日付欄は契約の効力を発生させる日だから。

『空欄』で契約書を交わすことだけは絶対に止めましょう。

中でも問題になるのが、契約期間と契約日、どちらを明記するの?といった点。

例えば4月1日から契約がスタートするのに、合意日(署名・押印した日)が4月14日では、4月1日から13日までの間の効力はどうなるの?トラブルがあったらどちらが責任を取るの?となってしまします。

このような問題が発生しますので、契約がスタートする日より前に契約書を作成し、署名・押印しておきましょう。

この時の日付は、署名・押印をする日を記載します。

まとめ

今回はゼロベースで契約書を作成するときに、特に気を付けるポイントについて解説しました。

  1. 契約書の使い回しをしない
  2. 重要な事項は特約欄を設ける
  3. 日付欄には当事者が署名・押印する日を明記する

これら3つのポイントは、どの契約書を作成する場合においても有効ですので、この機会に抑えておきましょう。

業務委託契約書の作成はお任せください

弊所では、請負契約・業務委託契約書に関する様々なご相談にのっております。

  • 業務委託契約書を作りたいが何から手を付けたらいいのか分からない
  • 自社の仕組みに合わせて業務委託契約書を作成してほしい
  • 自社に有利なように業務委託契約書を作成してほしい
  • 相手方から業務委託契約書を提示されたが、署名する前にチェックしてほしい(リーガルチェック)
  • 自分で業務委託契約書を作成してみたが、法令違反がないかチェックしてほしい(リーガルチェック)

この様なことでお悩みのフリーランスの方や、フリーランスに仕事を外注する事業者様は、弊所までお気軽にお問い合わせください。

LINEで簡単!全国どこからでも対応致します。

対応可能な契約書類

商取引に関する契約書

・動産売買契約書

・土地売買契約書

・土地建物売買契約書

・継続的売買契約書

・フランチャイズ契約書

・特約店契約書

・OEM契約書

・代理店契約書

・秘密保持契約書(NDA)

賃借に関する契約書

・建物使用貸借契約書

・建物賃貸借契約書

・定期建物賃貸借契約書

・定期借地権設定契約書

・事業用定期建物賃貸借契約書

・駐車場賃借権契約書

賃金と担保に関する契約書

・債権譲渡契約書

・金銭消費貸借契約書

・抵当権設定契約書

・代物弁済契約書

・準消費貸借契約書

・集合道産譲渡担保契約書

・質権設定契約書

請負・業務委託契約書

・業務委任契約書

・建設工事請負契約書

・不動産管理委託契約書

・保守契約書

・コンサルタント契約書

・システム開発契約書

・営業委託契約書

労働に関する契約書

・雇用契約書

・労働者派遣基本契約書

・入社・退社誓約書

・身元保証契約書

・出向契約書

家族・近隣に関する契約書

・贈与契約書

・死因贈与契約書

・境界確定契約書

・遺産分割協議書

・夫婦財産契約書

・任意後見契約公正証書

・通行地役権設定契約書

サービスの提供が可能な地域:全国

北海道, 札幌,青森, 岩手, 秋田, 宮城, 山形,福島, 東京(東京都23区,千代田区,中央区,港区,世田谷区,大田区,目黒区,品川区,渋谷区,杉並区,中野区,練馬区,新宿区,江東区,墨田区,葛飾区,江戸川区,台東区,文京区,荒川区,足立区,北区,豊島区,板橋区), 神奈川, 横浜,埼玉県, 千葉, 茨城, 群馬, 栃木, 愛知, 名古屋,静岡, 三重, 岐阜, 新潟, 長野, 山梨, 石川, 富山, 福井, 大阪, 京都, 奈良, 兵庫, ,神戸,滋賀, 和歌山, 岡山, 広島, 鳥取, 山口, 島根, 愛媛, 徳島, 高知, 香川, 福岡, 佐賀, 長崎, 大分, 熊本, 宮崎, 鹿児島, 沖縄

contract-be-careful

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

気に入ったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
目次